« うめ... | Main | ホワイトアスパラ »

March 26, 2006

休日は、姫路へ

060326

21日、春分の日の休日は
姫路城へ...

高砂から山陽電車特急で3駅約30分 

 

 

 

 

  

 

漆喰が眩しい大天主→

060326-2

 

 

 

 

 

 

 

  

 

←石垣のシャープな
 曲線が良い060326-3カンジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      大天主最上階から
      北方向→060326-4


↑狭間。 並んだ○□△のリズムがおちゃめ! (軍事施設なのに...ねぇ)
 

国宝・世界遺産である姫路城、なかなか広かったねぇ。
今回は、時間が無くて、西の丸・二の丸は回らず...
またいずれ、ゆっくりと。
 

|

« うめ... | Main | ホワイトアスパラ »

Comments

ようこそ姫路へ。
お城だけしかない街ですが、お城自体はかなり面白いので、また足を運んでくださいませ。
私はこないだ3年ぶりに帰省しましたが、お城に登る時間がありませんでしたので、写真が見られてとっても嬉しいです。

Posted by: ぽち | March 26, 2006 03:59 PM

姫路城、さすが世界遺産になるだけあって、
風格もあって美しいお城ですね。
私もあの○△□の鉄砲の孔(?)は、シャレているなーって思いました。

着物の小紋の柄のグラフィックなど、
昔の日本人のデザインセンスってカッコいいですよね。

またmozさんの写真の構図の素晴らしさ。
より魅力的に感じられます。

Posted by: アクエリアス | March 26, 2006 09:51 PM

ぽちさん...

軍事・政治的な本来の役割は終えても、
維持されて来たってことは、
姫路の人々はこのお城に、
それほど愛着があるんでしょうね。

大阪城などと違って、ホンモノの
息吹を感じます。

やっぱり、すげぇぞ!!

Posted by: moz | March 26, 2006 11:08 PM

アクエリアスさん...

質実剛健な"徳川風"(?)に塗りつぶされる
以前の戦国日本は、"織部焼"などの様な
かなり、アバンギャルドな文化が流行ってた
とのこと...

武将たちの精一杯の自己主張の結果として
洗練されたデザインが残ってきたんでしょうか...


Posted by: moz | March 26, 2006 11:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 休日は、姫路へ:

« うめ... | Main | ホワイトアスパラ »